06/03/2016 10:21 AM ケースの表示
Virto Commerce

ケースの表示

Updated:

Virto Commerce Manager 内で作成された全ての顧客ケースは、Customer Serviceブロックを開き、表示することができます。

ケースでのデータ項目は、

  • Channel - このケースの発生場所(内部、メールなど)
  • Subject - ケースの概要説明
  • Customer - このケースに関係する顧客
  • Status (open, pending, resolved) - 解決のすべき課題の状態
  • Modified - ケースが変更された日時
  • Assigned - ケースに割り当てられたVirto Commerce Managerのユーザー

ケースリストが多い場合、検索する為に画面右側のフィルターを利用します。この方法で、まだ誰にも割り当てられていない未解決のお問合せを表示することができます。Commerce Managerブロックを利用することは、顧客サービス部門のワークフローとして利用する意味があります。例えば、担当者を割り当てていないお問合せを検索し、担当者を割り当て、未解決問題を管理するなどの事を行います。

このページからケース情報の担当者として割り当てることができます。これにより、ユーザーは、ケースを解決する責任を持つことを意味します。お問合せリストをクリックし、Take ボタンをクリックします。

備考: Take ボタンは、お問合せがあり、割り当てされていない場合のみ有効になります。