06/03/2016 10:21 AM プロモーション
Virto Commerce

プロモーション

Updated:

はじめに

プロモーションは、販売拡大に利用されるマーケティングツールです。プロモーションは、ストア毎に行われます。ストアのプロモーションを作成するには、プロモーションを管理する為のアクセス権限を持っている必要があります。アクセス権限は、複数のストアで共有することはできません。(複数のストアでプロモーションを適用するには、それぞれのアプリケーションでストア毎に繰り返し登録しなければなりません。)

Virto Commerce は、プロモーションとして2つのタイプをサポートします。

  • カタログプロモーション
  • 買い物カートプロモーション

カタログプロモーション

カタログプロモーションは、特定のブランドを低い価格設定をするようなインセンティブを通じて製品を顧客により魅力的な製品製品カテゴリーと製品を作る為に使用されます。カタログプロモーションは、全ての顧客に特定の製品と製品の組み合わせを割安で提供します。カタログプロモーションは、顧客に常に表示され、チェックアウト時に支払う価格になります。(税及びショッピングカートのプロモーションを除く)

カートプロモーション

カートプロモーションは、一定の金額以上のお買い上げで送料無料などのインセンティブを提供することにより、買い物客の注文総量を拡大することを推奨するために使用されます。シュッピングカートプロモーションは、一定の条件の顧客に特定の製品・製品のセット割引を付与します。カートプロモーションは、プロモーション条件式に該当する場合のみ適用されます。このように、買い物客は、ショッピングカート又はチェックアウト時に参照されるときプロモーションが適用された支払価格をみます。(プロモーション条件が適用された場合)

例えば、製品が$100.00の定価とします。現在、$99.00以上の全ての注文は、5%割引を付与しているシュッピングカートプロモーションがあります。カタログを参照する時、全ての買い物客は、製品 $100,00のリストを見ています。もし、買い物客がシュッピングカートに製品を追加した場合、カートに表示され、カートの価格は、$95.00(5%割引)になります。同じ買い物客が、フロントエンドに戻った場合も、カタログは $100.00の定価を表示しています。

プロモーションルール

プロモーションルールは、プロモーションの動作と効果を定義します。プロモーションルールには、以下の2種類があります。

  • 条件
  • 効果

条件

条件は、買い物客がプロモーションに該当するかどうか、カートの現在の状態に基づいて判断する基準のセットです。条件の例は以下の通りです。

  • カートは、特定の製品の特定の数量を含んでいる必要があります。
  • カート小計は、特定の金額を超えている必要があります。

効果

効果は、プロモーションにより付与された利点を指定します。より多く購入するか、特定のアイテムを購入する為に推奨されるインセンティブです。効果は以下の通りです。

  • 配送料無料
  • 特定商品の割引
  • アイテムの無料化
  • 今後の購入商品の割引の為のクーポン

条件のタイプと利用可能なアクションは、プロモーションタイプにより異なります。

プロモーションルールの構成により多くの利用可能なオプションがあります。利用可能なオプションの詳細説明については、Promotion Condition and Rules を参照してください。

式ビルダーのビジターブロック

ビジターブロックは、プロモーションルールに似ています。それは、ビジターがプロモーションを適用する資格があるかどうか、収集された情報に基づいて、判断する基準を指定します。

3つのオプションがあります。

  • Everyone - フィルター無し
  • Register user - ストアフロントに現在ログインしているユーザー
  • First time buyer - まだ購入をされていない登録ユーザー

備考: アカウントを作成しているだけの場合は、常に first time buyer になります。

アクティベーションルール

アクティベーションルールは、購入できる商品に適用されるプロモーションを決定します。単純なケースでは、プロモーションは自動的に適用されます。これは、顧客が全ての条件を満たしている場合、アイテムの割引・配送料無料・クーポンなどプロモーションアクションを自動的に受け入れます

いくつかのプロモーションは、クーポンコード(プロモーションコードと呼ばれることもある)により、"activated" することが必要です。たとえは、ショッピングカート内のアイテムの割引を受けるのに、顧客は、チェックアウト時にクーポンコードを入力する必要があります。もし、組織でクーポンコードを使用している場合、各プロモーションで利用できる一定のルールをコントロールする必要があります。

プロモーションを作成する際、自動的に又はクーポンによってアクティベートするかどうか指定する必要があります。

クーポン

クーポンは、適用顧客が利用することができます。これは、全ての顧客がプロモーションに関連するクーポンコードを利用できることを意味します。

プロモーションのベストプラクティスと Tips

  • 永久的に割引を行うプロモーションを作成しないでください。その代わりに、適切な価格リストで販売価格を作成します。
  • プロモーションルールは、フロントエンドでのパフォーマンスを向上させるためにキャッシュされます。結果として、プロモーションが作成された後、ストアに表示されるのに遅延が発生します。遅延は、構成により異なってきます。

プロモーションの検索

Marketing モジュールの Promotion タブからプロモーションの名前・ステータス・タイプで条件指定ができます。

選択されたタイプ・ステータス・名前で入力したテキストを含むプロモーションをフィルターし、プロモーションリストとして表示します。

全ての検索項目は、オプションです。全ての検索項目が未入力の場合、全てのプロモーションが表示されます。

カートプロモーションの作成

  1. Marketing モジュールを開きます。
  2. Promotions タブを選択します。
  3. Add ボタンをクリックします。
  4. ポップアップダイアログのウィザードが開始される前に作成する作成するプロモーションのタイプを選択します。(カートプロモーション). そして、OK ボタンをクリックします。
  5. ウィザードの最初のステップで、プロモーションプロパティを設定します。
項目名 説明
Store 新しいプロモーションを適用するストア
Promotion name プロモーションの名前を設定 検索目的の為に、できるだけ意味のある名前を設定
Description プロモーションの意味のある説明を設定
Enable date プロモーションの開始日を設定 設定しない場合は、作成から利用可能
Expiration date プロモーションの終了日を設定 設定しない場合は、無効になるまで利用可能
Allowed limit プロモーションを適用できる時間の最大量を設定 「0」を設定した場合、プロモーションは制限がなくなります。
Limit per customer プロモーションを同じ顧客に対して適用できる回数を指定 「0」を設定した場合は、プロモーションは制限がなくなります。
Priority プロモーションの優先順位を設定 優先順位の低い優先順位番号より、高い優先順位が利用 一つのプロモーションが適用される場合は、優先順位の高いカート・アイテムのプロモーションが適用される。
Exclusivity プロモーションは、グローバル又はグループ毎に設定
Enable in store プロモーションが常に利用可能にする場合、設定

6. Next をクリックします。 7. プロモーションステップ2 では、プロモーションに適用されるルール(条件)を設定します。

  • usergroup をクリックし、ターゲット usergroup を選択します。
  • condtion をクリックし、必要な条件を選択し、選択した条件の必要な値を設定
  • effect をクリックし、必要な効果を選択し、値を設定
  1. Next ボタンをクリックします。
  2. ウィザードのステップ3 では、クーポンを提供する場合にのみプロモーションを適用します。
  3. Finish ボタンをクリックします。

作成したプロモーションが保存され、プロモーションリストに表示されます。

カタログプロモーションの作成

  1. Marketing モジュールを開きます。
  2. Promotions タブを選択します。
  3. Add ボタンをクリックします。
  4. ウィザード開始前に作成するプロモーションのタイプ(カタログプロモーション)を選択し、OK ボタンをクリックします。
  5. ウィザードセットの最初のステップは、プロモーションのプロパティを設定します。
項目名 説明
Catalog 新しいプロモーションが適用されるカタログ
Promotion name プロモーションの名前を設定 検索目的の為に意味のある名前を設定
Description プロモーションの意味のある説明を設定
Enable date プロモーションの開始日を設定 未入力の場合、作成後すぐに利用可能
Expiration date プロモーションの終了日を設定 未入力の場合、利用不可になりません
Allowed limit プロモーションを適用することができる最大時間を設定 「0」設定した場合、制限がなくなります。
Limit per customer プロモーションを同じ顧客に適用できる最大回数を設定 「0」を設定した場合、制限がなくなります。
Priority プロモーションの優先順位を設定、優先順位が低いものより高い優先番号を設定 カート又はアイテムに適用できる場合、より高い優先順位を有するプロモーションが適用されます。
Exclusivity グローバル又はグループ毎にプロモーションを設定
Enable in store プロモーションをアクティブにする場合設定

6. Next をクリックします。 7. プロモーションのステップ2 では、プロモーションが適用されるルール(条件)を設定します。

  • condtion  をクリックし、必要な条件を選択し、選択された条件の値を設定します。
  • effect  をクリックし、効果を選択し、値を設定します。
  1. Finish ボタンをクリックします。

作成されたプロモーションが、保存され、プロモーションリストに表示されます。

プロモーションの編集

  1. Marketing モジュールを開きます。
  2. Promotions タブを選択します。
  3. 選択したプロモーションをダブルクリックします。
  4. 必要な項目を変種します。
  5. Save ボタンをクリックし、変更内容を保存します。

備考: カートプロモーションのストアとカタログプロモーションのカタログは、編集できません。

プロモーションの削除

  1. Marketing モジュールを開きます。
  2. Promotions タブを選択します。
  3. 削除するプロモーションをクリックします。
  4. DELETE ボタンをクリックします。
  5. 削除再確認画面で確認します。

プロモーションの複製

既に作成済の良く似たプロモーションを作成する場合、プロモーションのクローンを作成することができます。クローン化した後で必要なプロパティを編集することができます。

  1. Marketing モジュールを開きます。
  2. Promotions タブを選択します。
  3. クローン化したいプロモーションをクリックします。
  4. DUPLICATE ボタンをクリックします。
  5. 複製再確認画面で確認を行います。

新しいプロモーションが作成され結果として、リストにオリジナルのサフィックス_1 という名前で作成されます。例えば、複製したプロモーションの名前が 10% クリスマスセールの場合、クローンは、10%クリスマスセール_1 という名前で作成されます。