06/03/2016 10:21 AM 商品管理
Virto Commerce

商品管理

Updated:

商品管理セクションは、Virto Commerce マネージャーで行う仮想カタログの作業と一般的な説明が含まれています。カテゴリーのアイテム構成・バンドル・製品パッケージ・製品プロパティ・その他多くの特色を整理する方法について学びます。

カタログ

カタログは、一般的に、オンラインシューケースアイテムまたはサービスリストとして定義されています。物理的に一般的なカタログは、カテゴリーにグループ化されたアイテムの集まりです。アイテムは、1つのカテゴリー内に、サブカテゴリーを持つことができるカテゴリーです。カテゴリーは、階層を作り、カタログ内の様々なアイテムとの関係を可能にします。これは、お客様が簡単に購入したい項目に移動できるようにするためです。多くの項目を含む大規模なカタログは、親子関係を使用して編成する必要があります。

カタログをどのように利用するようになっているか?例えば、異なる商標・製品ライン数が異なる場合の操作などです。各商品又は製品ラインは、そのカテゴリー内の全ての製品の独自カタログを持っている必要があります。また、いくつかのサプライヤーを扱う事、各サプライヤーは、独自のカタログを持っている必要があります。

バーチャルカタログ

バーチャルカタログは、一つ以上の共通カタログから作成されます。この種類のカタログは、単一カタログ内に複数の基本カタログを集約します。バーチャルカタログは、一般的に複数のカタログから集約することができる季節商品を表示する為に使用されています。

バーチャルカタログは、他のバーチャルカタログと共通カタログと違う固有の名前を持っている必要があります。バーチャルカタログは、共通カタログからアイテムとカテゴリーで構成されていますが、バーチャルカタログからバーチャルカタログを別のバーチャルカタログに追加することはできません。

カタログとバーチャルカタログの主な違いの一つは、共通カタログからの単なるビューであることです。物理的にバーチャルカタログから構成される全ての項目は、一般的なカタログの配置になっています。共通カタログ内のアイテムに対して行われた場合、更新が即座に全てのバーチャルカタログに反映されることを意味しています。

Topics