06/03/2016 10:21 AM アイテム
Virto Commerce

アイテム

Updated:

はじめに

Virto Commerce の製品は、販売・促進されるストア内製品と対応しています。それぞれの製品は、特性を持っており、製品タイプグループに分類されています。

製品タイプは、表示される製品の特別なセット・SKUオプションに適用される税コード・利用可能な製品のタイプとして定義されます。

アイテムの表示・編集

アイテムのコンセプトは、Commerce Managerでバリエーション/SKU、製品、バンドル、ダイナミックキット、パッケージオブジェクトを一般化したものです。

カタログは、選択されなければなりませんし、アイテムリストとして表示されているアイテムは、事前にロードされてなければなりません。アイテムの詳細を表示するには、リストの項目をダブルクリックします。表示される詳しい情報は、それぞれのタブに分割されています。概要、プロパティ、価格リスト、SEO、製品アイテム、関連、レビュー、カテゴリーとアセット

概要:

  • Item code - 製品コードでカタログの規則に従ったコード
  • Item name - 他のカタログからアイテムの違いがわかるような説明
  • Item type - アイテムプロパティのセットを含んだアイテムタイプ たとえば、このタイプの製品が、マルチSKUにすることができるかどうかを定義することができます。
  • Enable date/time - アイテムがストアで販売可能を日付・時間を指定、シーズン製品などに有効
  • Disable date/time - アイテムがストアで販売不可の日付・時間を指定、シーズン製品などに有効
  • Can be purchased - このチェックボックスを設定した場合、直ぐに購入可能になります。
  • Store visible - このチェックボックスを設定した場合、ストアに表示されます。

アイテムを手動で作成した場合は、該当タブの情報が入力されます。アイテムが作成された際には、それ自身の項目になります。プロパティ、価格設定、SEO、製品アイテム、関連商品、レビュー、カテゴリー、リソースは、他のテーブルから要求に応じて読み込まれた内容が入力されます。

このデータは、Virto Commerce マネージャーでダブルクリックし、項目の編集を行うことができます。

SEO

"SEO" タブは、URLキーワード、ページタイトル、メタ情報、画像の代替テキストなどSEO データを指定する為に利用します。

URLキーワードは、制限された文字を含めることはできません。それ以外の文字についても、キーワードを保存することはできません。

カタログで利用可能な各言語のSEO データを入力することができます。

もし利用可能な場合は、URLキーワード下のテキストボックスのハイパーリンクをクリックし、SEOキーワードによりアイテムを閲覧できます。

製品の作成、編集、削除

Commerce Managerの製品は、販売される実際の製品になります。各製品は、それぞれ特性を持っていおり、販売され、タイプグループに属することになります。製品タイプは、どのような製品セットで表示されるかその適用される税コード、タイプの製品として利用可能なSKU属性などが定義されています。

製品を作成するには、新しい製品が含まれるカテゴリーに移動します。カテゴリー内にアイテムリストが左側に表示されています。

製品を作成するには、 Add ボタンをクリックします。

製品を作成する為に アイテムの種類を選択します。

最初のステップは、製品の詳細を入力します。

  1. Item Name - 製品の名前を入力
  2. Item Type - ドロップダウンリストからタイプを選択
  3. Can be purchased - チェックした場合、製品の購入可能
  4. Store visible - チェックした場合、この製品がストアに表示
  5. Min. Quantity - 顧客が購入可能最少数量を指定
  6. Max. Quantity - 顧客が購入可能な最大数を指定
  7. Enable Date/Time - ストアで利用可能日時を指定、シーズン商品として有効
  8. Disable Date/Time - ストアで利用不可日時を指定、シーズン商品として有効

ステップ2としてレビュー情報を入力します。この情報は、必須ではないのでスキップすることができます。

ステップ3としてプロパティ値を入力します。必須項目ですので必ず入力します。

ステップ4として価格情報を入力します。(価格リストは必ず選択しなければなりません。)

"Finish" ボタンをクリックします。新しい製品は、選択されたカテゴリーに表示され、自動的に編集の為に開かれます。更に多くの詳細入力又は更新を行うことができます。

カテゴリーから製品を削除するには、リストでそれをクリックし、"Remove ボタンをクリックします。製品を削除すると製品に含まれる価格表も削除されます。

Ctrl キーを押しながら複数のアイテムを削除することができます。

バンドルの作成・編集・削除

製品バンドルは、通常ITマーケティングで利用されます。一つの複合製品として販売するためにいくつかの製品を含むこと

バンドル製品は、単一の製品として販売されている一つ以上の製品で構成された製品です。アイテムは、製品又は他のバンドル製品にすることができます。バンドル製品は、Virto Commerce Managerとストアで共通アイテムとして検索できます。それらは、割り当てられた検索エンジン最適化のワードとマーチャンダイジングに割り当てられています。在庫を追跡する必要がある場合、会社のビジネスポリシーに従って、アイテムに従って構成されています。

Visto Commerce Managerは、バンドル製品の作成とストアでそれらを利用することでできます。

バンドル製品を作成するには、カテゴリーに移動し、"Add" ボタンをクリックします。

アイテム(バンドル)のタイプを選択します。最初のステップは、以下の項目を入力することです。

  • Item Name - バンドルの名前を入力
  • Item Type - ドロップダウンリストからタイプを選択
  • Can be purchased - チェックした場合、バンドル製品が購入可能
  • Store visible - チェックした場合、バンドル製品がストアに表示
  • Min. Quantity - バンドル製品を注文する最少数量を指定
  • Max. Quantity - バンドル製品を注文する最大数を指定
  • Enable Date/Time - バンドル製品が、ストアで利用可能になる日時を指定、シーズン商品として最適
  • Disable Date/Time - バンドル製品が、ストアに表示される日時を指定、シーズン商品として最適

ステップ2として、レビュー情報を入力。このステップは必須項目でない為、スキップできます。

ステップ3として、プロパティ値を入力

ステップ4として価格情報を入力(ドロップダウンリストから選択)後、"Finish" ボタンをクリック

バンドル製品を削除する場合、カテゴリーから選択し、"Remove" ボタンを利用します。複数のバンドル製品を削除する場合は、Ctrl キーを利用できます。

バンドル製品が、受注情報に含まれている場合、削除することはできません。受注ステータスが完了するように変更した後、バンドル製品を削除することができます。

ダイナミックキットの作成・編集・削除

ダイナミックキットは、動的に顧客により構成を変更できるカタログアイテムのタイプです。製品のこの構成(グループ)は、顧客のニーズに基づいており、単一のユニットとして販売されます。ダイナミックキットのコンポーネントは、事前に定義された条件とユーザー対話の組み合わせによりコントロールされ注文時に表示されます。注文時にダイナミックキットを追加することは、パッケージを追加することと似ています。パッケージ同様に、ダイナミックキットの個々のコンポーネントを変更することはできず、全体を満たす構成になっていなけらばなりません。

これは、システムを利用し、再構築によりダイナミックキットを変更する許可が必要になります。

ダイナミックキットを作成するには、"Add" オプションを利用し、製品作成するダイナミックキットを選択し、項目を入力します。

ダイナミックキットには、以下のパラメーターがあります。

  • Item Name - ダイナミックキットの名前を入力
  • Item Type - 定義済のアイテムプロパティのドロップダウンリストからタイプ
  • Can be purchased - チェックした場合、ダイナミックキットが購入可能
  • Store visible - チェックした場合、ダイナミックキットがストアに表示
  • Min. Quantity - 顧客が注文する最少数を設定
  • Max. Quantity - 顧客が注文する最大数を設定
  • Tax Category - ダイナミックキットが適用される税カテゴリーを選択
  • Packaging - ダイナミックキットのパッケージオプションを選択
  • Availability - ダイナミックキットがストアで利用可能になるオプションを選択
  • Weight - 製品ページに表示されるダイナミックキットの重量を入力
  • Track Inventory - ダイナミックキット在庫管理と顧客に在庫数を表示する場合チェック

ダイナミックキットを編集するには、カタログ内でダブルクリックし、項目を修正します。

ダイナミックを削除するには、カタログ内で選択し、"Remove" ボタンをクリックします。

バリエーションの追加・編集・削除

製品品バリエーションは、製品の中から選択するように顧客にオプションのバリエーションを与える方法です。各製品には複数のバリエーションを持つことができます。

バリエーションはサイズ、数量、色、形状、パターン、重量などでも良い。考えることができるいくつものバリエーションのタイプがあります。製品の異なるオプションがあります。それぞれのバリエーションは、バリエーションオプションを持っています。

バリエーションを作成するには、追加したいバリエーションのcategory に移動します。"Add" ボタンをクリックします。

"Variation" アイテムタイプを選択し、"OK" ボタンをクリックします。

ステップ1では、以下の項目を定義します。

  • Item Name - 製品バリエーションの名前を入力
  • Item Type - ドロップダウンリストからタイプを選択
  • Enable Date/Time - 製品バリエーションがストアで利用可能になる日時を指定、シーズン商品として有効
  • Disable Date/Time - 製品バリエーションがストアで利用不可になる日時を指定、シーズン商品として有効
  • Can be purchased - 製品バリエーションが購入可能になる場合、チェック
  • Store visible - 製品バリエーションが購入可能になる場合、チェック
  • Min. Quantity - 顧客が購入可能な製品バリエーションの最少数を指定
  • Max. Quantity - 顧客が購入可能な製品バリエーションの最大数
  • Tax Category - 製品バリエーションの適用される税カテゴリーを選択
  • Packaging - 製品バリエーションのパッケージオプションを選択
  • Availability - ストアで利用可能な製品バリエーションを選択
  • Weight - 製品バリエーションの表示重量を入力
  • Track inventory - バリエーションの在庫を管理する場合、チェック

次のステップに移動するには、 Next ボタンをクリックします。

ステップ2では、レビュー情報を入力し、"Next" ボタンをクリックします。

ステップ3では、プロパティ値を入力し、"Next" ボタンをクリックします。

ステップ4では、価格情報を定義し、新しいバリエーションを保存するには、"Finish" ボタンをクリックします。

バリエーションを修正するには、ダブルクリックし、項目を編集し、処理を終了するには、"Save" ボタンを忘れずにクリックします。

バリエーションを削除するには、削除するバリエーションを選択し、Remove ボタンをクリックします。

複数のアイテムを削除するには、Ctrl キーを利用します。

関連商品を作成

商品の関連づけは、顧客に商品ページを表示した際、顧客の為の関連製品・アクセサリー・その他種類のアイテムを表示する為に使用されます。管理者は、アイテムに関連した商品が表示される定義を行います。

これは、マーケティングポリシーを参照します。そして、お客様が良い商品を選択し、異なる関連商品を追加し、平均チェックを増大させるのに役立ちます。

関連商品は、どのように利用されるか

  1. クロス販売を作成し売上アップを図る

クロス販売は、顧客が閲覧している製品に類似した代替商品を提供·販売します。これは過剰在庫のアイテムを販促するための方法です。

例: テレビサムスンLN32D403を表示して、顧客が過剰在庫のテレビサムスンLN37D550をお勧めすることができます。

より高い商品の関連商品の販促を行います。販促はより高い商品でも良い。

例: a サムスンの149.00ドルのデジタルカメラを見ている顧客に より効果なサムスンの199.00ドルの商品をお勧めすることができます。

2. アクセサリー追加

現在表示されている商品のアクセサリー商品を販促することができます。このアプローチでは、お客様がショッピングカートに多くの商品を追加します。

例: 自転車を見て、ヘルメット・自転車スーツ・自転車ガラスを提供することができます。

3. 代替品として準備

在庫不足がある場合、お客様はカートに商品を追加せずにストアから離れていきます。この場合、代替商品を提供します。 : 顧客は在庫切れになった携帯電話の代わりに、同じモデルの別の商品を提供することができます。

関連商品を作成する手順

Virto Commerce カタログ製品を開き、"Associations" タブで 新しい関連グループを定義する為に "Add new" ボタンをクリックします。

次に名前と説明をフォームに入力します。この関連グループは、カタログの製品の為に使用することができます。

会社ポリシーによりオンラインショップで利用するこを計画している関連グループも Virto Commerce Manager の "Settings" に追加することができます。

Topics