06/03/2016 10:21 AM 注文の詳細
Virto Commerce

注文の詳細

Updated:

はじめに

注文情報を表示する為に、Commerce Managerの "Orders" ブロックをダブルクリックします。全ての情報は、3つのタブに分割されます。

注文の詳細ダイアログの Summary タブから各手続き処理を行うことができます。

  • 注文の "On Hold" 処理
  • Hold 解除処理
  • 注文キャンセル処理
  • 返品作成処理
  • 注文交換処理
  • 払い戻し作成処理
  • 顧客情報の編集処理
  • 注文支払住所編集処理

Summary タブは、注文に関する基本的な情報を含んでいます。この概要 は、通常、お客様サービス担当者が注文の概要を把握し、お客様をサポートすることができます。ここでは、お客様の請求先住所と連絡先住所を見つけることができます。

Details タブは、出荷情報が含まれています。商品は、出荷済・出荷中の情報が含まれ、項目と配送料を確認することができます。

Details タブから利用可能な手続き

  • 出荷手続き処理
  • 出荷キャンセル処理
  • 配送商品追加処理
  • 別の配送に移動処理
  • 別の住所に移動処理
  • 出荷方法の変更処理
  • 出荷削除処理
  • 出荷方法/住所変更処理
  • 出荷住所編集処理

Payments タブは、現在の注文(トランザクション)での支払のリストを表示します。

注文交換の作成

注文交換を作成するには、ユーザーが適切な権限を持っており、注文のステータスが完了していなければなりません。注文の交換を作成するには、2つの別々のアクションを組み合わせます。

  • 返品を作成
  • 注文を行う

出荷アイテムの追加・編集・削除

出荷にアイテムを追加するには、詳細タブを開き、"Add" ボタンを利用します。出荷アイテム追加ダイアログからカタログを選択し、次に検索機能の助けを借り、SKUを入力し、検索されたカートリストから完全なリストを表示し、アイテムを選択し、フォームに追加します。

出荷アイテムを編集するには、出荷アイテムのリストから選択し、"Move"  ボタンを利用します。

出荷アイテムで実行できる処理は、

  • 他の出荷に移動
  • 他の出荷住所に選択
  • 出荷方法の変更
  • 数量の変更

出荷からアイテムを削除するには、削除するアイテムを選択し、"Remove" ボタンを利用します。

出荷の手続き

Virto Commerce Manager のフルフィルメントライフサイクルに従い、商品は、顧客サービス担当者(CSR)によりピッキングと梱包手続きに回されます。そして、ピッキングと梱包に進められます。

出荷手続きを行うには、注文詳細を開き、"Release Shipment" ボタンを利用します。

出荷の後には、ピッキングと梱包に追加される準備ができたことになります。

出荷のキャンセル

出荷がキャンセルされることが、Web ストアで発生することがあるかもしれません。何らかの理由が発生し出荷できない状態があります。 たとえば、在庫が利用可能としてマークされていたが、チェックアップ後、商品が見つからないなど。又は、サプライヤーが、天候条件などにより出荷が減少した場合など

Virto Commerce Manager 出荷では、"Shipped" を除く、他の状態から、 "Canceled" に設定することができます。出荷をキャンセルするには、注文詳細を開き、"Details" タブの "Cancel Shipment" ボタンを利用します。

払い戻し

払い戻しは、購入者にお金を戻す支払の特別なタイプです。通常、払い戻しは、商品を返品することで行われます。また、他の理由の結果として返品せずに払い戻しを行うこともできま。払い戻しは、購入商品を使用して入金を行う必要があります。特殊な状況では、新しい決済を作成し払い戻しを発行することもできます。例として、購入者のクレジットカードが期限切れになった場合、新しいクレジットカードに払い戻しを行わなわなければならない場合など。

払い戻しを作成するには、 適切な権限を持っている必要があり、注文が完了の状態である必要があります。

払い戻しを作成する手順は、 

  1. Orders モジュールを開き, リストから注文を選択、それを開きます。
  2. Summary タブから、Refund ボタンをクリックします。
  3. ステップ2ウィザードが表示されたら、払い戻し数を入力し、オプションを選択、オリジナルソース又は新しいクレジットカードを選択します。
  4. 払い戻しとして 新しいクレジットカードを選択した場合、新しいクレジットカードデータを入力します。
  5. Next をクリックします。ウィザードの次のステップでは、支払データを十分に再チェックし、Submit ボタンをクリックします。
  6. 支払データは、処理され、直ぐに操作結果が表示されます。処理が成功した場合、"Back" ボタンが消え、"Finish" ボタンが有効になります。全てのデータが保存され、新しい支払は、Payments タブのリストに追加されます。Finish ボタンをクリックします。以下は、成功したトランザクションの例です。
  7. 支払は、様々な理由で失敗する可能性があります。このような場合、エラーメッセージが表示されます。
  8. 支払データを修正する為に Back ボタンをクリックするか、支払を Cancel します。

支払詳細の表示

Virto Commerce manager の全ての注文は、"Payments" タブの 支払履歴と概要に含まれます。注文詳細に移動し、"Payments" タブを開き、支払詳細を表示します。

  • Payment method - トランザクションの方法 (クレジットカード、電子マネー、注文書、国際決済システム、などストア内で受け入れる支払方法にリスト)
  • Transaction type - キャッシュフローに従ったトランザクションのタイプ(クレジット、販売、払い戻し、ストアのボーナスなど)
  • Amount - 通貨に適用されたトランザクション合計
  • Status - トランザクションの状態(エラー、完了、処理中など)

ここでは、トランザクションのリストの他に注文のコスト、支払合計、差額など概要情報をみることができます。

この注文タブの情報は、CSRに利用することができます。例えば、顧客が注文をまだ処理されていない理由などを見つけるなど。支払トランザクションでエラーが発生擦るかもしれません。この場合、CSRは、問題を解決する為にストアの支払費用コントロールの専門家を参照します。

Topics