06/03/2016 10:21 AM 価格リスト割り当てを作成
Virto Commerce

価格リスト割り当てを作成

Updated:

価格リストを作成する時は、特定のカタログに価格リストをリンクする為に価格表の割り当てを作成する必要があります。価格リストの割り当ては、顧客に表示する製品価格から価格リストを識別します。また、価格リストの割り当ては、単純にデフォルトのリストと製品の販売価格を提供するようりも多くのことができます。この機能を利用すると、年齢、性別、地理的な位置、条件検索など特性に応じ、ターゲット顧客にカスタム価格を提供することができます。

例えば、2つの異なる価格リストの割り当てを行うことができます。それぞれの価格は、年齢・顧客属性に基づいて異なる価格を提供できます。35歳以上のお客様が、ラップトップの豪華なオプションを優先価格に設定しながら、学生プロフィールの顧客には、エコノミークラスのラップトップで割引を受けることができます。

どのように動作しますか?価格リストのセットは、顧客に割り当てられています。例えば、価格リストAは、カタログ内の全ての製品の価格を持っており、全ての顧客に割り当てられています。価格リストBは、特定の製品向けに異なる価格を持っており(価格リストの割り当てで定義されています)特別な特性を顧客に割り当てています。価格リストBが、価格リストAよりも高い優先順位が設定されています。顧客が店舗に訪れると、システムは全ての価格リストの割り当て条件を評価することにより、価格リストの顧客セットを構築します。このセットによると、一部の顧客は価格リストAを含むセットを持っています。他の顧客は、価格リストAとBの両方を持っています。顧客が製品を表示すると、システムがセット価格リストを検索し、優先順位が最も高い価格リストからの価格が表示されます。価格リストには、そのアイテムの価格が含まれていない場合は、アイテムの価格が含まれている価格リストが見つかるまで、システムは価格リストの優先順位を下げます。

特定の価格リストが表示される条件を定義し決定する必要があります。

  • 誰が価格リストにアクセスする権利を持つか(年齢・性別・場所など)
  • いつ価格リストが有効になっているか(価格リストがアクティブになる日時)
  • どこで価格リストが利用できるか(店舗に入店した際、店舗を離れる際)

価格リスト割り当ての作成

価格リスト割り当てを作成する場合、Virto Commerce Manager で "Price Lists" ブロックに移動し、 "Price Lists Assignments" タブを開きます。"Add" ボタンをクリックします。

価格リスト割り当てを作成するには、3つのステップの操作が必要です。

最初のステップは、以下の項目を入力します。

  • Name - 価格リスト割り当ての名前を入力
  • Price List - ドロップダウンから価格リストを選択。価格リストは、価格リスト割り当ての条件に該当するものが利用できます。
  • Catalog - 価格表に利用されるカタログを選択
  • Priority - 他の適用可能な価格リストの割り当てよりも優先するかどうかを定義
  • Description - 価格リスト割り当ての概要・詳細な説明

ステップ2では、価格リストの割り当ての利用条件を定義する必要があります。新しい価格リスト割り当てに適用される条件を構築する為に "+add condition" ボタンをクリックします。例えば、18歳から25歳の女性の為の価格表を必要としているなど。この段階では、この価格リストにアクセスできる人を定義します。

ステップ3では、この価格リストが利用できるようになる定義を行います。新しい価格リスト割り当てが有効になる日付を定義する為に日付ピッカーを利用します。この項目未入力の場合、常に利用できるようになります。

価格リスト割り当ての編集

価格リストの割り当てを編集するには、割り当てのリスト内でダブルクリックし、必要な項目を編集します。

価格リスト割り当ての削除

割り当ての削除を行うには、価格割り当てのリストを選択し、"Remove" ボタンを利用します。