06/03/2016 10:21 AM 顧客プロフィール属性
Virto Commerce

顧客プロフィール属性

Updated:

はじめに

顧客プロフィール属性は、"Settings" モジュールの "Customers" タブで定義します。Settings のこのブロックでは、顧客に送信するアラート・顧客プロフィールに利用される必須項目・顧客対応で利用するケースタイプ作成の管理を目的に利用されます。

ルールの作成・編集・削除

"Rules" タブは、表示する様々な情報・注文・その他の条件を定義するルールの作成を目的に利用します。これらのルールはユーザーが、開発者のサポートなしにケースを定義し管理できます。

rule を作成するには、"Add" ボタンをクリックし、必須項目全ての入力します。入力する項目は、以下の通りです。

  • Name - ルールの名前を記述;
  • Description - ルールの説明を記述;
  • Is active - ルール利用可能にする為にチェックボックスを利用;
  • Priority - 他のルールと利用する際の優先を定義

このルールが適用される条件を定義します。例として、"In process"の注文のステータスが変更された際にアラートを送信するなどの定義ができます。

ルールを編集する際には、リストから選択し、"EDIT" ボタンをクリックします。削除するには、リストから選択し、"REMOVE" ボタンをクリックします。

顧客情報の参照・編集

顧客情報の項目の調整が必要な場合に利用します。(CSR又はその他顧客ユーザーの参照・編集)。Settings グループは、"info" タブに表示されています。

設定内容を編集するには、"Customer Information" をダブルクリックします。ここで、Customer information の 名前、お問合せ、誕生日、住所など顧客情報で必要な情報を追加できます。この内容は、その後の CSRで利用されます。ストアの要望の項目を個別で登録でき、レポートシステムで構築、様々なレポート結果からストアの有効な分析ツールとして利用できます。

項目を追加するには、 "ADD" ボタンをクリックします。編集・削除するには、リストから選択し、 "EDIT" 又は "REMOVE" ボタンをクリックします。

ケース情報の参照・編集

この項目は、顧客サービスモジュールのケースに利用され、Settings の "Info" タブで管理することができます。

"Case information" をダブルクリックし項目の追加・削除ができ、様々なケースのアイテムを参照・編集に使えます。"ADD"・"EDIT"ボタンクリックで項目の追加・削除できます。この方法でシステム開発者の手助けなしにケース情報の管理ができます。データ項目を決定し、Commerce Manager で利用するだけです。

ケースタイプ

"Customer Service" モジュールは、事前に作成したケースタイプを利用します。後には、サブ塚と顧客サービスの有効性増加の役に立ちます。Customers Settings ブロックの "Case types" タブを開き、システムで定義済のケースタイプをリストから参照します。新しいアイテムの作成・編集によりケースタイプを管理します。ケースタイプを追加する際には、"ADD" ボタンをクリックし、タイプ名を入力します。リストでタイプを利用可能にするには、"Is Active" チェックボックスを設定し、ケースタイプの定義属性に説明を入力します。

ケースタイプの例として、Commerce Manager を利用します。

  • client registration;
  • exchange or order;
  • request on order;
  • product inquiry;
  • shipping inquiry and etc.